医療脱毛の仕組みとメリット・デメリット

医療脱毛のメリットとは

両脇や脚などのムダ毛を処理するために、医療脱毛をクリニックで受けるという女性は多くいます。この医療脱毛とは、メラニン色素に反応する特殊なレーザーを照射することで脱毛を行う施術方法のことです。レーザーを当てれば、ムダ毛の黒色に反応して熱が発生するために毛を再生する組織にダメージを与えられるというわけです。医療脱毛の最大のメリットは、レーザーの出力が高いために効果を早く実感できることでしょう。さらに、医療機関でだけ受けられる施術なので、施術中に肌トラブルが生じた場合でも医師がすぐに対応してくれることもメリットといえます。肌トラブルの症状に合った薬を処方してくれるので、安心してお手入れを行うことができますよ。

医療脱毛のデメリット

医療脱毛は、サロン脱毛に比べて痛みを感じやすいことが最大のデメリットといえます。そもそも医療脱毛で使用するレーザー光線は脱毛効果が高い反面、威力が非常に強いという特性があります。そのため、特に皮膚が薄いデリケートゾーンや顔の脱毛では強い痛みを感じやすいです。ただし、ほとんどの脱毛クリニックでは痛みに弱いという方の為に麻酔を使用して施術を行っています。したがって、絶対に痛いのが嫌だという方はあらかじめ医師に相談しておくと良いでしょう。また、医療脱毛の場合、威力が強すぎて火傷や炎症などのトラブルが起こる可能性もあります。肌に何か異変を感じたら、すぐに医師に伝えてきちんと診断を受けることが大切です。