サロン脱毛の仕組みとメリット・デメリット

サロン脱毛のメリットとデメリットを紹介

プロの脱毛を受けるときの選択肢は、主に医療脱毛とサロン脱毛になります。両者の脱毛の仕組みは基本的に同じですが、出力には大きな差があります。医療脱毛のレーザーは非常にパワーが強く、永久脱毛が可能になる方法です。一方のサロン脱毛の光はマイルドで、永久脱毛の代わりに減毛が可能です。サロン脱毛は痛みがかなり抑えられていますが、一方で脱毛完了までの期間は長くなります。一般的に医療レーザーは光脱毛の2~3倍のパワーがあり、脱毛期間・回数に反映されてきます。サロンの全身脱毛は10~18回くらいかかることが多いですが、医療脱毛だと5~6回で完了するのが普通です。1回あたりの料金はサロンのほうが安いですが、総費用で見ると医療機関もサロンも大差はありません。

サロン脱毛には減毛以外の作用もある

昔はサロンで全身脱毛を受ける場合、数時間を要するのが普通でした。現在は1時間未満で処理できるサロンが増えており、それはマシンの高速化による影響です。広範囲の照射を行えるようになったことで、1日で上半身と下半身の脱毛が完了します。美容院に行くような感覚で気軽に利用できることから、学生の利用者が急増しています。サロンの全身脱毛は減毛作用により、ムダ毛を少しずつ弱らせることが可能です。男性の場合は医療脱毛を利用するのが好ましいですが、女性の場合はサロン脱毛で十分に薄くできることが多いです。全身脱毛を受けた女性は肌が白くなった、汗の量が減ったなどと答えています。サロン脱毛は代謝促進にも役立つので、肌代謝が乱れている人にも適しています。